ヨガ前の食事のとり方

ホットヨガでダイエット!夏に向けて頑張るぞ!!

と決意し通われている皆さん♪

もしくは体を柔らかくしたい!

代謝をアップさせたい!!

ストレス解消したい!!

自分と向き合う時間を作りたい!!

 

ヨガスタジオには様々な目的で来られている方々がいらっしゃいます♪

常温のヨガは自分と向き合う時間へと繋がるヨガ。

ホットヨガはリラクゼーションをもたらすヨガ。

 

・自律神経の安定

・ストレスの解消

・良眠を促す

・免疫力の向上

・ダイエット効果

・精神的な安定

・うつや不安の緩和

・認知症予防

これらのようにヨガには沢山のメリットがあります♪

 

 

その効果をしっかりと自分のものにするためにも

自分自身の準備やその後のケアなどにも気を使い心地よい時間となりますように。

今日はよく生徒様からも質問に上がるヨガ前後の食事についてお話します。

 

食事は2時間前までに!

ヨガの前後の食事は2時間前後にする事。

このお話は皆さん体験レッスン時などに必ず聞く注意点でした。

そうは言ってもヨガをし始めた方は食事をするタイミングを
まだ上手くつかめていない方もいらっしゃいますよね。

 

ヨガを行う前はなるべく空腹状態である事が良いのですが

なぜ空腹状態が良いのかにも、ちゃんとした理由根拠があります。

 

1つ目の理由として

本来、食べた物を消化するため胃の付近に血液が集まります。

消化していない状態で身体をねじったり、伸ばしたり、

うつ伏せになったり後屈したりと様々なポーズを行うと

胃に集まった血液が手足や筋肉に流れてしまい

胃の中はレッスン中ずっと消化不良のまま・・・

これでは気分が悪くなってしまいます。

 

 

2つ目の理由

それは自律神経につながります。

先程の話を踏まえて説明すると

本来食事を取った後約2時間は

胃腸に溜まった食べ物を消化しようと副交感神経が優位になります。

 

その状態でホットヨガで交感神経を優位にさせると、

頭の中はもうパニックです。消化不良です。

 

 

身体は、リラックス効果のある副交感神経と興奮効果のある交感神経を

同時発揮はできないみたいですね。

 

 

食後2時間を空けずにホットヨガをやってしまうと

身体は消化をするための副交感神経を働かせつつ

身体を動かすエンジンである交感神経を働かせるという無理難題状態になります。

その状態はいわゆる自律神経を乱し

体調を崩してしまうきっかけになってしまうわけです。

 

だからなるべく食事は2時間前までに

ある程度の消化を促し神経を落ち着かせてからヨガをする事が

安全にヨガを行うために必要な理由になります。

 

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

 

だからといって空腹状態すぎるのもよくありません。

お腹がすきすぎて頭がぼーっとした状態でホットヨガクラスに入ると

動きに集中できず頭が働かないまま運動を行うことになります。

 

動けるだけのエネルギーは必要という事です

そのためにも食事時間の逆算が心身ともに気持ちよく

ホットヨガのレッスンを受けるためのポイントになりますね。

 

 

とはいえ、朝1番のクラスや仕事帰りにホットヨガをする人にとっては

2時間空けてからの食事はとても大変ですよね。

 

そんな方は軽食として糖質控えめエネルギーチャージ系のゼリーや飲み物

またはカリウムやマグネシウムなどミネラルが多く含まれるバナナなどを

レッスン前後に半分づつ摂取すると

適度な空腹状態で頭もさえレッスンもしっかりと受けれる!

そしてレッスン後の代謝の上がっている2時間内に体に吸収させたいものを取る!

というパーフェクトな流れに繋がります。

 

ただしホットヨガ後は内臓を休ませてあげることも必要ですので

食べ過ぎは禁物です!!

食べるのであれば消化に良いもの、かつ吸収させたいもの

なるべく食事はレッスンの2時間前、後です。

 

揚げ物などの油ものや刺激の強いものを摂取するは避けた方がよいですよ!

安全にスッキリそしてリラックスできるように

ご自身で食事にも気を付けてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆7月スケジュール更新☆

☆★7月スケジュール前半更新☆★

 

 

 

 

 

 

真夏に向けて心も体もヘルシーデトックスボディ

手に入れちゃいましょう!!

ポーズに慣れている方も、まだヨガのポーズに慣れていない方も

インストラクターの目の届く範囲のスタジオで

しっかりと丁寧にヨガのポーズをとっていきましょう

ただポーズの真似をするのではなく

しっかりと自分に適した位置でポーズをとり深い呼吸を体に取り込んであげましょう♪

 

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

スタジオFRANCのスタッフが日々のお役立ち情報や

何気ない日常を更新中!

☆★☆ぜひのぞいてみてください☆★☆

 

あなたは大丈夫?6月の体調不良

毎年梅雨の季節になると体調を壊してしまう

そんな方は結構多いかもしれませんね。

 

体調不良とお天気の関係については以前記事にしたように

気象病に陥ってしまうのは気圧の変動から来るものでした。

 

それと同様に6月のこの時期日本列島は梅雨の時期に入ります。

6月は体がおもだるい、食欲がない、雨だから頭痛がひどくなる

そんな症状かかえていませんか?

梅雨時期だからこその長雨による湿気が、

様々な体調不良を引き起こしてしまっているのかもしれないですね

 

けど梅雨だししょうがない

なんてその状態でおいておかず、きちんと体調不良の原因を理解し

ご自身で少しでも楽になれるよう、改善策をみつけてあげてくださいね♪

今回は湿気に負けない体つくりをサポート♪

梅雨時期をハッピーに近い状態で過ごしましょう♪

梅雨と体調不良の密接関係

6月はむくみやすいって聞いたことありませんか?

 

 

例えば、脚がおもだるい

むくみが気になる

食欲がわかない

体の関節が凝っている、痛い

 

それはもしかしたら長雨から来る湿気が原因かもしれませんね。

元々私たちの体のほとんどは水分で作られています。

その水分が不足するのもよくないし

反転、満たされ過ぎるのも良くありません。

 

それ故に飲み物に気を使ったり、量や頻度にも気を配る。

体内に水分を溜め込みすぎぬよう適度な運動をし

体内水分を外に逃がす必要がありますよね。

 

でも実は、外からの影響(長雨・湿気) も

余分な水分がたまる原因になるのをご存じでしょうか

 

 

さらに“過剰な湿気は胃腸を弱らせる”と考えられています。

湿気の多い梅雨や夏に、食欲不振や消化不良が多く・・

乾燥する秋には食欲が増し消化が良くなるようですね。

 

そして日本列島は海に囲まれる島国だからこそ

全方位から湿気が入り込みやすい環境。

 

湿気の多い環境にいる日本人の胃腸は弱くなりやすく

そのため昔から胃腸に優しい淡味の和食が浸透し根付いたともいわれています。

胃腸が弱くなると全身の水の巡りはさらに悪くなり、

ますます湿気やすいカラダになります。

だからこそ梅雨の時期特に体調不良を訴える人が増えるのでしょう。

 

 

梅雨時期の湿気に負けない体つくりをめざして

湿気に負けない体つくりでまずできることは

日々の食事から栄養補給するということ

皆さんは 旬産旬消 という言葉耳にしたことはありますか?

その時期にあった食べ物が、その時期のからだに一番いいということ

6月のこの時期ですと

緑豆・ナス・オクラ・きゅうり・トマト・枝豆・南瓜・ピーマン・みょうが・・・
これらを上手に摂ることをおすすめします。

夏野菜は体を冷やしてしまう要素もありますが

ショウガや、味噌など、身体を温めてくれる食材と一緒に摂取することで

旬の食べ物をおいしく冷ずに食すことができます。

 

他にも利尿作用のある食べ物を食す、飲む。

 

飲み物に関しては、コーヒーが思いつきやすいのですが

身体を冷やす作用のあるコーヒーより、発汗作用もあるショウガ紅茶や、

利尿作用共に、胃腸を整える麦茶などを積極的に取る事をお勧めします♪

 

 

さらに梅雨時期のスーパーフード

梅雨のこの時期は、からだのバランスが崩れやすいのと同時に、

疲れが溜まりやすい時期でもあります。

そんな時に助けになるのが、梅干しなのです。

梅干しにはクエン酸をはじめ、様々な成分が血液の酸化を防ぎ、

疲労回復と同時に免疫力も高まりますよ!

また、殺菌力もあるので食中毒の起こりやすい梅雨の時期には

お弁当などに欠かせない味方ですね♪

ヨガスタジオFRANCでは、梅雨にもまけずに皆様をお持ちしております♪

スタジオで余分な水分ドバっと出しましょう♪!

そして出した分栄養のあるものを食し

梅雨の時期を一緒に乗り切りましょうね!!

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

6月中は大感謝キャンペーン

抽選くじ配布中!!

レッスンを受講すると必ずもらえる抽選くじを集めて

7月のプレゼント当選発表まで

ワクワクしながら梅雨を過ごそう♪

☆★☆大感謝キャンペーン開催中☆★☆

是非お越しください♪

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・

6月レッスンスケジュール

※ヨガウェアはご持参お願いいたします