FRANCが人気女性誌に♪♪

 

ヨガスタジオFRANCが

女性ファッション誌 JJ に掲載されました!

仕事終わりはまっすぐ帰宅・・・。

せっかくの休日は家でゴロゴロ・・・。

そんな毎日もったいない!

楽しくレッスンして素敵女子に変身しちゃお!

 

あなたを輝かせる

とっておきの場所がここに集結!

日本全国22スクールの紹介ページにヨガスタジオFRANCが掲載されています♪

書店、スタジオにてご覧ください♪

 

FRANC(フラン)が初めての方へ ホットヨガで理想の私へ 今だけ体験も入会金、ご利用料金もすべてお得なキャンペーン実施中

 

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

健康で美しい、自分らしいボディケアを目指す女性のためのメディアです。

Siena(シエナ)のページにもヨガスタジオFRANCが紹介されております♪

「美しく女性らしい健康的な身体作りを望んでいる女性」

『なぜヨガに通うべきなのか』

『運動することによる体へのメリット』

などの記事も多く配信!

 

今だけ!!お得な!!☆秋の2大キャンペーン☆

 

ワンコインdeホットヨガ体験キャンペーン

倍に使える2ヶ月お試しキャンペーン!

 

☆ご紹介キャンペーンも実施中☆

 

今日のセルフヨガ

 

今日から後ろ姿を磨いて後ろ姿美人を目指そう!

外見のファッションばかりチェックしていても、

猫背だと残念な印象を与えてしまいますよねっ

 

秋美人は姿勢から☆より

今日のセルフヨガ・テーマはズバリ!後ろ姿美人☆

 

女性の美しさは正面からだけではなく、

後ろ姿にも意識を持っていくのがなかなか難しいからこそ、

差がつきやすい項目であったりしますね★

さっそく今日から、

姿勢を正したり立ち姿や座っている姿などの改善からから始めて

意識して後ろ姿を磨いて後ろ姿美人を目指しましょう!

 

~今日のセルフヨガ~

ダヌラ・アサナ

1両膝を曲げ、両手で足を掴む(つま先・足の甲・足首のいずれか)両膝を閉じる

2額か顎を床へつけて今残っている息を吐ききる

3吸いながら上体を上げて吐きながら両足を上げる

4身体全体を床へおろし、手足開放、頬を床へ付ける

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

<効果>
・姿勢改善で後ろ姿美人に
・腹部内蔵刺激し強化する
・代表的な痩身効果の高いポーズ・腰痛・生理不順・悪姿勢を正す
・ウエストの引き締めやヒップを鍛え太もも足首をひきしめる

 

姿勢改善だけじゃない!
朝の体感ストレッチで体感をめざめさせて!代謝をアップ!

眠っている間にも体は固まります。

朝はまず体をストレッチさせて刺激を与えましょう!

そんな朝の時間帯におススメ後屈のポーズ☆

特に背骨を刺激し、体を支えて体感を目覚めさせるダヌラ・アサナは

背骨の刺激とともに姿勢を支える筋肉を鍛えてくれる効果!

そして腹部を刺激するので便秘解消にも繋がりますね!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

吸う息の度に足先を空へ伸ばしていく感覚で
呼吸がスムーズに体を流れていくのを感じてみて下さい♪

 

 

 

 

 

 

秋美人は姿勢から☆

七分丈や長袖を着る機会も増えましたね!

 

同時に最近,肩こりがひどくて・・・

頭が痛くて・・

 

なぁんてかた、いらっしゃいませんか?

服装で隠れてしまったそのボディライン、

完~璧に巻き肩!? 猫背!?

自分の姿勢、わるくなっていませんか?

 

胸を張って秋美人は姿勢から♪

●正しい姿勢とは

人の背骨は、重力に対抗して、重い頭を支え、

身体を動かした時のショックを吸収するために、

穏やかなS字を描いた構造になっています。

 

理想的な姿勢を真横から見ると、

重力線が耳から肩~股関節~膝~くるぶしを結んだ線を通っています。

軽くあごを引き、背筋、膝をきちんと伸ばし、

頭を上に引っ張られているようなイメージを持つことにより、

正しい姿勢を作ることができます♪

この正しい姿勢は、脊柱起立筋に代表される抗重力筋群と

インナーマッスルと呼ばれる大腰筋によって支えられているんですね!

姿勢の乱れ

昨今の「生活習慣の乱れ」、「アンバランスな食生活」、

「歩行を中心とした運動の不足」により、

抗重力筋やインナーマッスルの力が、どんどんと低下してしまい、

脊柱をきちっと立てていることが、できなくなってきています。
そうなると骨盤が落ち、背骨は後ろに湾曲し、

頭が前方に倒れてきて、いわゆる猫背となってきます。


猫背になると、胸が前方で狭まれ胸郭が圧迫される為、

肺が大きく膨らむことができなくなり、

酸素の供給量が減って基礎代謝を悪くしてしまいます。

脂肪を燃やしてエネルギーに変える代謝も落ちるので、

太りやすい体質にもなるのです。

猫背による背骨の歪みは、

呼吸器・循環器・消化器など種々の内臓の機能をも低下させてしまい

身体を内科的な病気の傾向へ導いてしまうのです。

そのうえ頭の重みで前かがみになってくる上体を支えるために、

肩・首・腰の筋肉は常に緊張を強いられ、

疲労性の硬縮をおこして、コリや痛みを発症させる要因にもなります。

●良い姿勢への心がけ

毎日の生活の中で、少しずつ歪んできたものがほとんどですから

自分で気をつけられる範囲のことはやりましょう。

 

①立ち方・座り方・歩き方に注意して

【背筋を伸ばす意識】
【左右対称に身体を使う意識】
【同じ姿勢で長時間いない意識】を持つように心がける。

②偏食しないで、カルシウムが十分摂取できるような、

バランスの良い食事を心がける。

 

③左右の動きが対称な運動をするよう心がける。

抗重力筋やインナーマッスルを鍛えるにも歩行やヨガが有効です。

歩行でもヨガでも今ご自身の体がどのように動いているかなど

じっくり自分と見つめあう時間を作ると

それらが普段につながって行きますよ♪
(無理せず気持ちよく感じるくらいで行うのが一番効果的です。)

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

次回~今日のセルフヨガ~

猫背解消に最適ポーズを掲載☆

皆さんもふとした時、スタジオではなくご自宅でも

お体を気持ちよく伸ばしてあげて下さい♪

スタッフブログ更新中☆ぜひご一読下さい♪

☆11月スケジュール☆

☆動きやすい季節にとっておきのヨガライフを☆

秋といえば運動の秋!

冬に向けての準備をヨガで始めよう!

11月前半のスケジュール更新!

新レッスンも加わり、より自分に合ったヨガクラスを

体感していただけるようになりました!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

スタジオFRANCは

インストラクターとの距離が近いところが一番のの魅力

ポーズに慣れている方も、まだヨガのポーズに慣れていない方も

インストラクターの目の届く範囲のスタジオで

しっかりと丁寧にヨガのポーズをとっていきましょう

ただポーズの真似をするのではなく

しっかりと自分に適した位置でポーズをとり深い呼吸を体に取り込んであげましょう

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

スタジオFRANCのスタッフが日々のお役立ち情報や

何気ない日常を更新中!

☆★☆ぜひのぞいてみてください☆★☆

☆今日のセルフヨガ☆

☆秋のむくみを解消☆

浮腫みの解消には、身体の細胞の余分な水分や毒素、

老廃物を回収する役割を担っているリンパ管の流れの改善が必要です。

ヨガでは「脚の付け根を伸ばす・圧迫するポーズ」と

「脚全体の筋肉を引き締めるポーズ」が効果的です。

リンパ節(リンパ管が合流する部分)が多く集まっている

脚の付け根の部分に刺激が入ることで、老廃物のろ過が促進され、

また、脚の筋肉をしっかり使い引き締めることでリンパ管の流れが良くなります。

取り組みやすいポーズとして今回は

「アンジャネーヤ・アーサナ(三日月のポーズ)」

股関節・ハムストリングス(太もも裏)に高いストレッチ効果があります。
血行を良くし、肩周りも気持ちいいですよ!
また、思ったよりもグッと背中を反らすため、背中の筋肉を「たわませる」効果もあります。
緊張した体をほぐすにはピッタリですね!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 三日月のポーズのやり方は以下の4ステップ

1・膝立ちになり片足を踏み出す

2・両手を右膝の上に乗せる

3・両手を上げつつ、重心を前に移していく

4・上体を後ろに反らし、目線を斜め上に向ける

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

比較的シンプルなアーサナでありますが、

ハムストリングス(太もも裏)が良く伸びるため

脚力が必要なスポーツを行う方にとっても高い効果が期待できることでしょう。

呼吸を整えリラックスし、しっかりと柔軟&ウォームアップを行うことで、

怪我の防止にも繋がります。

ゆっくりと呼吸を整え、凝り固まった背面&お腹を伸ばす気持ちで行なってみましょう。

体をほぐすことは、リラックス効果を高めることにも繋がります。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

三日月のポーズの注意点

三日月のポーズは比較的強度の高いアーサナです。

高いストレッチ効果を得られるのは大きな魅力ですが、

無理をしすぎて体を痛めてしまっては本末転倒。

ちょうど「痛気持ち良いくらい」を意識しつつ、

強引すぎる曲げ方は行う話内容にしましょう。

そこまで強引に柔軟を行わずとも、痛気持ちいいくらいを継続していけば、数ヶ月後には驚くほど体が柔らかくなっていたりするものですから!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

さらに、もう今日は何のポーズもしたくない!

そんな時にもオススメな、むしろとても気持ちいいので

率先して行ないたくなってしまうポーズ

 

「ヴィパリタ・カラーニ(両脚を壁に上げるポーズ)」

壁の近くで仰向けになり、そのまま両脚を揃えて壁に立てかけるポーズ

ブランケットなどを畳んだものを腰の下に入れるとより良いですねっ!

腕は左右に伸ばしても万歳の姿勢でも楽な位置でOK!

寝る直前にベッドの上でも行えます。

脚の浮腫みを解消する効果と共に、

全身の血流を良くしてくれるリラックスポーズです。

ただし、生理中の方と妊娠後期の方は避けた方が良いポーズですので、

その時々の身体の状態に合わせて、上記の中からポーズを選んでみてくださいね。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

10月スケジュール新クラス登場☆コチラをクリック>>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆今月のご紹介特典☑☆

 

実は1年で最もむくみやすい?!秋のむくみにホットヨガ

気づきにくい「秋むくみ」をケア

秋は溜め込んでいた夏のダメージが身体に

「むくみ」という症状として現れてくる時期

むくみを放置していると、太りやすくなったり、

脂肪細胞が肥大化して、硬いセルライトができやすくなったりする恐れが

ありますね・・・

顔の老廃物も排出しにくくなるために

細胞の機能が低下して

くすみやエイジングサインが出やすくななってしまうそうです・・・

 

まさに恐怖な「秋むくみ」

HOTヨガスタジオFRANCで定期的なヨガを♪

健康な体つくりと、むくみに負けない血流つくりをしてみてください♪

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

そもそも、むくみとは細胞間に余分な水分が溜まった状態のこと。

通常、心臓から送り出された血液は、

酸素や栄養分を全身の細胞に運びます。

細胞が排出した二酸化炭素や余分な水分、

老廃物を回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。

ところが、血液やリンパのめぐりが悪いと、

スムーズに余分な水分や老廃物を回収できず、むくみが起こります。

 

むくみの原因である血液・リンパのめぐりが悪化した状態を放置すると、

ますますむくみやすい体質になり、

つらい冷え性や身体の代謝が落ちて太りやすくなる原因になってしまいます。

「むくみは、水分をたくさん摂る夏に起こりやすいイメージがあるかもしれません。でも、実は秋にこそ起こりやすいので注意が必要ですね!!

 

 

秋にボディが「むくみ」やすくなるのはなぜ?

 

1:冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎてしまう

真夏は冷たい飲み物や食べ物を食べる機会が増えますよね

10月ごろまでは暑さが少し残っていることもあるので、

その感覚のまま、冷たい物を摂っている人が多いようです。

その結果、身体が冷えて血流が悪くなり、むくみやすくなってしまいます。

 

2:足元が冷えている

真夏のファッションの延長で、

サンダルなど素足で過ごしていると足元が冷えてむくみやすくなり、

老廃物が溜まりやすい状態になってしまいます。

 

3:シャワーだけで湯船につからない

夏場はシャワーだけですませてしまう人が多く、

秋になってもその習慣が続く傾向があります。

 

4:一日の気温差が大きく、身体が冷える

秋は一日の中での気温差が大きくなる時期。

一日で10℃以上の気温差ができることもあります。

昼間は暑くて水分をたくさん摂りがちですが、

夜になると身体が冷えて血流が悪くなると

摂りすぎた水分が排出できない状態になり、むくみが生じてしまいます。

 

5:食欲の秋で食べ過ぎてしまう&秋の夜長で夜更かしになる

秋は「食欲の秋」とも言われるように美味しい食べ物が豊富な時期。

食べ過ぎて栄養バランスが乱れるとむくみやすくなります。

また、「秋の夜長」とも言われるように、

つい夜更かしをして睡眠不足になり

自律神経のバランスを崩してむくみの原因になります。

秋は、夏と同じように過ごすことで身体が冷えやすいうえに、

寒暖の激しさや、旺盛な食欲、

夜更かしなどの季節的な問題が絡まり合う、

「むくみスパイラル」に襲われる時期なのですね!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
老廃物を溜め込んだ残念ボディにならないためにも、

今すぐ簡単にできるむくみケア

~今日のセルフヨガ次回投稿!~

むくみにくい身体をつくる生活習慣をホットヨガスタジオFRANCで☆

 

☆ご紹介キャンペーンも実践中☆

今日のセルフヨガ

10月に入り気温が急激に下がったことで、

体調を崩している方も多いのではないでしょうか?
季節の変わり目は体温調節が難しく、病気にかかりやすいですよね。

今回のセルフヨガは四季によって変化する体調に合わせて
胸を開くポーズをご紹介します!
~四季によってケアする体の内側~
五行思想からなる春・夏・土用・秋・冬(木・火・土・金・水)

「五季」に季節を分類し、

その季節によって影響されやすい体の機能がそれぞれ異なると唱えられています。
では季節ごとにどのような体のケアをすればよいのでしょうか?

 

 

【肝(かん)】… 気や血をコントロールする、自律神経や新陳代謝の機能(季節:春)

【心(しん)】… 心臓機能だけでなく精神や思考など脳の働きも含む(季節:夏)

秋には肺のケアを!

胸(肺)を開くポーズの1つマツヤ・アサナに挑戦してみましょう!

 

お尻の下に両手を敷く(手のひらor手の甲)
両足を揃えてつま先を立て、ひざ裏を伸ばす
今残っている息を吐ききる
吸いながら両肘で床を押し、胸を持ち上げ頭頂を床へ付けて息を吐く

※怪我の原因になるので首は動かさないように

吸いながら胸を上げ顎を引き上体をおろしてから息を吐く

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 

胸を開くポーズを行うと、深い呼吸ができると言います。

ヨガでは呼吸をコントロールして行い、

それは心をコントロールすることに繋がります。

心のコントロールは、呼吸と大きく関係しているんですね♪

 

 

そして深い呼吸をすると言う事は必ず横隔膜を使った呼吸であります。

横隔膜とは、人間のからだの最大の吸気筋!

息を”吸う”ときに使う筋肉だからこそ

横隔膜を下げ、肺を拡張させて空気を吸い込む、

これが深い呼吸をする際体内で起こっている活動なのです

 

ヨガでは呼吸はとても大切であり、

胸を開くポーズは体に大変嬉しい効果が期待できます

マツヤ・アサナで胸を開き

内側から内臓をマッサージ・柔らかい呼吸を日々感じましょう!

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

秋は収穫の時期です!

夏に消耗した体力を養う大切な時期です!

夏に受けた体内器官のダメージを元気にして、

機能が元通りになるように

次の季節に備え養生しながら秋を楽しみましょう!

 

 

 

疲れてないのに寝ても寝ても眠い。

太陽ギラギラの夏が終わるとあっという間に、秋から冬へ

寒さが深まるにつれて、最近、「秋うつ」になる方が多いのはご存知でしたか!?

 

「秋うつ」って?と思われた方いらっしゃいますね

 

「秋うつ」は、季節性のうつの一種、

活気に満ちた夏の空気から一転、

ちょっとアンニュイな雰囲気の秋を迎える頃、

心のバランスを崩す方が増えています。

でもそんな秋うつ対策さえ心がければ

いつでも前向きな自分を保てるんです♪

 

秋うつかもと思ったそんなときこそ

ヨガポーズで心をリフレッシュ!

 

疲れてないのに寝ても寝ても眠い。

季節の移り変わりに心が追いつけなくなったような

抜け殻になってしまっような

そんな感覚

それが秋うつ

ここまで読んで「もしかして私も・・」「秋うつかも?」と思った方、

そうでない方も「秋うつ」対策におすすめの呼吸をご紹介!

 

 

 

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

「ヨガ」は「うつ」に効果があるの?

やったことが無い方は、ヨガに対して

「なんだか難しそうなポーズを取ったり、

身体が柔らかくないと無理そう!」

といったイメージをお持ちの方も多いと思うのですが、

呼吸をしっかりと行うのも、

ヨガの大切な一つの要素になります。

 

私たちの心と身体を

結び付けてくれる働きをする「自律神経」は

「呼吸」と深い関連があります。
「自律神経」は、日中活動する時に優位に働く「交感神経」と、

寝ていたり、リラックスしている時に優位に働く

「副交感神経」の2種類あります。

簡単にいえば、交感神経は「緊張」で

副交感神経は「リラックス」。

 

うつになりやすい人は、いつも「交感神経」の方が
頑張ってしまっていることが多いので
「副交感神経」を優先させて
リラックスしやすいようにしてあげると良いです。
そこでオススメなのがヨガの呼吸法になります。

秋うつ解消!「腹式呼吸」のやりかた

ヨガの最後に行うリラックスするための「腹式呼吸」には、

幸せホルモン「セロトニン」の分泌を

活発にさせてくれる効果があるといわれています。

心身がリラックスしやすくなり、免疫力も向上!

STEP1

まずベッドや布団の中で仰向けで寝ます。

STEP2

口から息をゆっくり吐きます。

そして鼻からゆっくりと息を吸い

お腹と胸を大きく膨らませるように吸い込みましょう。

STEP3

お腹をぺったんこにするようなイメージで、

ゆっくり息を残らず口から吐いていきます。

息を吐くときは口から細く・長く、

吸う時の倍以上の時間をかけるようにしてみると◎。

これを何回か繰り返していくと、

だんだん「副交感神経」が優位になってきて

リラックス状態になり、眠くなってきます。
ただし1日やるだけではダメですよ。

毎日続けることで、心身はだんだんと

リラックスすることを覚えてくるようになります。

いかがでしたか?
なんだか気分が落ち込む……
と感じている人は、さっそく今夜から
寝る前にベッドやお布団の上で行ってみましょう!
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

だんだんと肌寒くなりつつある毎日を

次の季節の魅力としてポジティブにすごしましょう!

秋は運動の秋!

FRANCで一緒にヨガをしましょう!

心と身体のバランスを整えて、

季節性の「秋うつ」を一緒に乗り越えていきましょう!

 

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
スタッフブログ更新中!!